2015年5月17日日曜日

サングラスについての豆知識

こんにちは。

今日は天気がいいので、サングラスについての説明を。

サングラスを選ぶときに大事なことは、レンズのサイズ・カラー・形です。

・レンズのサイズは、大きければ大きいほどいいです。
レンズが小さいと、上下左右から紫外線が入ってくるので、サングラスの
意味がなくなってしまいます。また、後ろからの紫外線もレンズの内側に
反射して目に入ってくるので注意しましょう。

・レンズのカラーは、あまり濃くない方がいいです。
目の光を調整する部分(虹彩/こうさい)は、暗いところでは光を集めるため、
大きく開き、明るいところでは眩しさを抑えるため、小さく閉じます。そのため、
濃い色のレンズだと、目が光を集めようと大きく開き、結果として紫外線も
多く入ってきてしまいます。

・レンズの形は、少しカーブが付いているものがいいです。
紫外線は回り込んで入ってくるので、顔に沿うような形のものをかけることで
回り込みを防ぐことができます。


サングラスは白内障の防止になりますので、年齢に関係なく、
かけるようにしましょう。

それでは、また:)